前回の続きみたいな感じですが。

では、姿勢の良い悪いは何が基準なのでしょう?

それは、ズバリ 「骨盤の配置」が姿勢を決定します。

よくスカートが回る、内ももが閉じない、パンツの片方だけがお尻に食い込む、出っ尻や洋梨体系、上半身に比べお尻から脚が太い、靴の底の減り方が左右極端。

上記に当てはまる人は
もれなく、腰痛を持っていますし、肩凝りは当たり前。猫背。
女性のブラの紐が下がってくるのも骨盤からくる猫背の影響です。

骨盤が正しい位置からズレる原因は
幼い頃からの運動習慣、ケガ等にも影響を受けています。

一番大きな要因は 日常生活習慣です!

ピンとこない方は、振り返ってみましょう。< 座ったり、あぐらをかくと 腰が丸い→椅子やソファに深々と座り背もたれにもたれる。image

立っていても座っていても 何かにもたれている。
または、片足に重心を置いて立つ。

スマホやPCを見る、本を読む、下を向く時間が多い。

どうですか?当てはまるものが あったのではないでしょうか?

image

勿論、遺伝や先天性のものもありますし、出産や怪我によるものもあります。

それでも殆んど努力で改善出来るものもあるのです。

骨盤周りの筋力を調整してあげましょう。

調整、、という言葉を用いる理由は、筋力が弱い(使ってない、緩んでいる)と考えがちですが、前後左右、対角で使いすぎている(強い、縮んだ)筋肉をリラックスさせる事も必要となります。

でも、何を置いても やはり

腹筋力なんです。

骨盤を正しい位置に導き脊柱を守る腹圧。

骨盤底筋と腹横筋。
外腹斜筋、内腹斜筋。

そして、背筋。脊柱の深層に付着している
多裂筋。
脊柱上部を特に頑張らなければなりません。

image前後左右のバランスが大切です

ですので、やみくもに前面だけを鍛えるというのは 症状を悪化させたりします。

これまでの皆様のトレーニングを覆す事になるかもしれませんが腹筋が割れている=腹筋力がある、というのは違います。

腹筋力は、、、呼吸が浅いと機能しません。< 深く正しい呼吸 を身につけないと身体の軸、腹筋群は正常に作動しないのです。

急がば回れ。

入り口を間違えて故障に向かわない様に、 あなたの身体を観て姿勢分析し、あなたに合った手法を選んでくれるトレーナーを探してください。

何十年と、長年築き上げた この姿勢は、そんな簡単にリセットできる訳はありません。気長で、継続的なエクササイズが必要となります。

速攻効果はありませんが、じわじわと効果が表れます。
長い目で ご自分の身体と向き合いましょう。

マッサージ等の受動的な事に頼らず、能動的に、自ら身体を動かしてください。

そして、出来るだけ歩きましょう。
長時間同じ姿勢を続ける事を避けましょう。

もう姿勢も悪くなってしまってるけど、今から毎日沢山歩けば姿勢は変わるのか?

“正しい歩き方 ” をお伝えしております。更に素敵なウォーキングタイムを満喫頂けるでしょう。

“正しい 座り方”

“正しい 立ち方”

大切なのは

“正しい 深い呼吸法”

お金もかからず、時間も、場所も選びません。

ご自身で持っている 身体の機能をフルに活用してみませんか?

皆様とピラティス・タイムをご一緒できる事を 楽しみにしております。