「病気じゃないから大丈夫」と おもっていませんか?

これはかなり大変な事なんですけど、あまり重要視されないのです。

治らない、遺伝とか思って諦めてしまっている。という方が正しいのかもしれません。

整体とかカイロに行って、ポキポキしなくても方法はあるんです。

 

Q.「ピラティスでよくなりますか?」

A.「はい!改善されてきます」

理由は色々言われていますが。

股関節や足首の影響だとか、遺伝性だとか。

実は、日常生活習慣による骨盤の歪みが原因である事が多いです。

 

運動不足で筋力が無い、脚をよく組む、同じ姿勢を長時間毎日続ける。

うつ伏せや横向きでで寝る、サイズの合わない靴を履く。

出産によるものも大きいです。

 

一番の要素は、あまり歩かない人に多い気がします。

お尻(臀筋群)や内もも(内転勤群)、腹筋群を全然使っていない。

 

・・・何処にいても、人の姿勢や歩き方ばかり見てしまう癖の私。

美しい歩き方の人をあまり見たことがありません。

 

要するに、脚が真っ直ぐでている人が全然いない。

みんな内ももがスカスカに開き、トボトボ歩く。

猫背で肩が上がり、後姿はかなり老けて見えます。

 

肩凝り、腰痛と同じで放置してしまうのが この症状です。

今はまだ平気でも、将来的に手術しなければならない程の股関節やひざの痛み=故障に悩まされたり、

何回もギックリ腰を繰り返したり・・・。

生活に支障が出ます。

 

激しい痛みになった時にはもう、ドクターストップがかかり運動処方は困難になるかもしれません。

それでも、これ程辛くても放置してしまうのは何故でしょうか?

面倒くさいから・・・?

運動が嫌いだから?

 

ご自分が50才、60才、70才、80才になった時、どんな日々がまっているのでしょう?

人はいつも「自分だけは大丈夫」と思っています。

何の根拠もないのですが。 そんなはず、ありません。

恐怖を煽っている訳ではありませんが、放置は本当に怖いです。

 

脚が上がらなくて転倒して→ 寝たきりというパターンはかなり多いです。

私は以前、介護施設で運動指導に携わらさせて頂きました。

その時に出会った ご利用者様は皆さん、仰っていました。

「まさか、自分がこうなるとは思いもしなかった」

後悔先に立たず。

 

骨盤の歪みはO脚X脚の始まり。

身体の不調の根源です。

 

治す方法は、ひとつ。

ご自分で筋肉を動かすこと。

骨を正しく配置し、考えながら動き、身体をコントロールする。

深い呼吸を心がける。眠った状態のインナーマッスル、

お尻や、内もも、腹筋群を起こさなくてはいけません。

 

今、なんとかしよう!と動き出すことは

健康で豊かな将来への投資です。

 

高齢者と呼ばれる頃になっても、身体の事で悩みもなく、

誰にも迷惑を掛けずに

好きなことをして笑って過ごしたくないですか?

 

実は・・・私も格闘中です。笑

大変ですが、少しずつ改善してきました。

まだまだ、がんばります!

 

皆さんも、一緒に将来を笑ってすごしませんか

ピラティスは・・・筋肉は本当に凄いですよ♪

週に1回を 続ける事が大切です。

継続は力なりです

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>